首頁 > 最新活動 > 日韓學習情報 > 【日本文化】你了解日本傳統和式房間的「跪坐禮儀」嗎?

【日本文化】你了解日本傳統和式房間的「跪坐禮儀」嗎?


聯誼或聚餐時,如果在和式房間或和式風格的地方,經常會有需要跪坐的時候。這時常見的不禮貌的行為之一,就是毫不尊重地直接踩踏在坐墊上。由於「珍惜物品」是傳統的日本精神,因此踩踏是相當不好的行為。首先跪坐在坐墊的前方或一側,然後再膝行到坐墊上才是本來的禮儀。


一、座布団の座り方


そこまでしなくても座布団の上に立つことはやめてほしいですね。座布団のすぐ後ろに立って、まず両膝を座布団の上について片膝ずつ進み、座布団の真ん中にきちんと座って下さい。女性は座布団の下座橫か後ろに一旦座り、座布団に手をついてにじり上がると美しい所作になります。


即使做不到那樣,也請不要站在坐墊上。而要站在坐墊後面,先讓兩膝蓋跪到坐墊上,然後兩膝交替挪到坐墊的正中央後坐下。女性在坐墊的末座旁邊或後面先跪坐下,然後雙手放在坐墊上,慢慢用膝蓋挪上去,這樣才是優美的舉止。


和室でも洋室と同じように立ち上がってあいさつするのを當然と思っている方も多いようです。和室では、目線で人間関係をはかります。目線が上の方が目上です。立つと、座っている人より目線が上になってしまいます。


很多人以為,和式房間和西式房間一樣也要站起來行禮。在和式房間,是靠視線來衡量人際關係的。視線在上面的人是長輩。如果站起來的話,視線就比坐著的人要高,這樣就不好了。


二、座布団の降り方


和室でのあいさつは座ってするのがルールです。座布団から一旦にじり降りてから、発言してください。どうしても立たなければならない時は「立ってあいさつする失禮をお許しください」とひと言、わびます。


和式房間裡行禮要跪坐著進行,這是規定。先從坐墊上移下來再講話。如果遇到不得不站起來的情形,要先道歉說“請原諒我站起來行禮的失禮行為”。


時代劇などで家來や腰元が座ってふすまを開けるのは、立って開けると室內で座っている人を見下げてしまうからです。現代でもふすまの前でさりげなく座って開け閉めしている方を見るとうれしくなりますね。


歷史劇中,家臣或侍女要跪坐著打開拉門,就是因為如果站起來開門的話,視線在室內人之上,就變成了瞧不起室內坐著的人的意思了。在現代如果看到在拉門前,不自覺地跪坐著開門關門的人,便會感到很高興。