首頁 > 最新活動 > 日韓學習情報 > 【實用日文】地震时的10个注意事项

【實用日文】地震时的10个注意事项

1、地震だ!まず身の安全

1、地震了!首先確保人身安全


揺れを感じたり、緊急地震速報を受けた時は、身の安全を最優先に行動する。丈夫なテーブルの下や、物が「落ちてこない」「倒れてこない」「移動してこない」空間に身を寄せ、揺れがおさまるまで様子を見る。高層階では、揺れが數分続くことがある。大きくゆっくりとした揺れにより、家具類が転倒・落下する危険に加え、大きく移動する危険がある。

在感受到晃動或收到緊急地震警報時,要優先行動保證人身安全。可藏身於堅固的桌子下,或是無需擔心物體“掉落”“倒下”或“移動”的空間內,在晃動停止前靜觀其變。高樓層的搖晃可能持續數分鐘。由於晃動巨大而緩慢,家具等不但有倒下、掉落的危險,還會有大幅移動的危險。

2、落ちついて、火の元確認、初期消火

2、沉著冷靜,查看火源,初期滅火


火を使っている時は、揺れがおさまってから、あわてずに火の始末をする。出火した時は、落ちついて消火する。

如果正在使用火,要等晃動停下來後,沉著地把火源滅掉。起火的時候也要鎮定滅火。

3、あわてた行動、けがのもと

3、慌亂行動,容易受傷


屋內で転倒・落下した家具類やガラスの破片などに注意する。瓦、窓ガラス、看板などが落ちてくるので外に飛び出さない。

注意屋內倒下、掉落的家具和玻璃碎片等。不要飛跑到屋外,以防瓦片、窗玻璃和招牌等物掉落。

4、窓や戸を開け、出口を確保

4、打開門窗,確保出口


揺れがおさまった時に、避難ができるよう出口を確保する。

晃動停下來後,要保證用於避難的出口暢通無阻。

5、門や塀には近寄らない

5、不要靠近門和柵欄


屋外で揺れを感じたら、ブロック塀などには近寄らない。

若是在戶外感受到晃動,請勿靠近圍欄等處

6、火災や津波,確かな避難

6、如遇火災或海嘯一定要避難


地域に大規模な火災の危険がせまり、身の危険を感じたら、一時集合場所や避難場所に避難する。沿岸部では、大きな揺れを感じたり、津波警報が出されたら、高台などの安全な場所に素早く避難する。

若當地有可能發生大規模火災,感到有生命危險時,要到臨時集合地或避難所避難。在沿海地區的話,若感受到巨大晃動,或收到海嘯警報,要盡快到高處等安全地避難。

7、正しい情報、確かな行動

7、掌握準確情報,確保恰當行動


ラジオやテレビ、消防署、行政などから正しい情報を得る。

要從廣播電視、消防局或政府部門等處獲取準確情報。