首頁 > 最新活動 > 日韓學習情報 > 【日文學習】日語中表達辣味的兩種表達及產生原因!

【日文學習】日語中表達辣味的兩種表達及產生原因!

辛みには「後からくる辛さ」「ツンとくる辛さ」などいろいろな表現があります。これらの言い回し通り、たしかにとうがらしとわさびの辛みって違いますよね。どうして同じ味なのに、感じ方が変わってしまうのでしょうか。

說到辣味,既有“有後勁兒的辣”,也有“衝鼻子的辣”,我們能感受到的辣味是多種多樣的。這麼說來,辣椒的辣和芥末的辣的確是不同的呢。那麼同樣是辣味,為什麼感覺上會有所不同呢?


「味博士」として知られる鈴木隆一さんが代表を務めるAISSY社に話を伺ったところ、そもそも辛みには、他の味とは異なる特徴があるとのこと。人間の舌には、味蕾(みらい)という味を感じる器官があるのですが、ここで知覚されるのは甘み、酸み、塩み、苦み、うまみの5種。しかし、辛みは溫覚、痛覚などから感じられるもので、いわゆる「味覚」ではないのだそうです。

擔任AISSY公司法人的有“味覺博士”之稱的鈴木隆一解釋了,辣味到底有哪些不同於其他味道的獨特之處。人類的舌頭上有一種叫做“味蕾”的味覺感受器官,味蕾能夠感受到甜、酸、咸、苦、鮮5種味道。但辣味是由溫覺、痛覺等感官作用才能感受到的,也就是說辣味並非“味覺”。


では、なぜ「後から~」「ツンと~」と異なる感じ方があるのか​​というと、それは辛みに「ホット系(感じるまでに時間がかかり、持続​​性がある)」「シャープ系(口に入れるとすぐに感じ、すぐに消える)」の2種が存在するから。たとえば、とうがらしの場合、カプサイシンという成分がバニロイド受容體に反応し、ホット系の辛みが現れます。しかし、このバニロイド受容體はすべての辛み成分に対応しているわけではなく、シャープ系の辛みでは別の受容體がはたらくのだそうです。

那麼會產生“後勁兒的辣”、“衝鼻子的辣”等不同感覺的原因,是因為辣味包含“hot系(要花費一段時間才能感覺到,具有持續性)”和“sharp系(入口立即感受到,且馬上就會消失)”兩種因素作用。比如辣椒中含有一種叫做辣椒素的成分,它能夠作用於辣椒素受體(也稱香草醛體)並使其產生反應,從而表現出hot系辣味。但這種受體並不會對所有辣味產生反應,sharp系辣味是由其他受體進行反應的。


つまり、「辛み」とまとめて表現されているものの、実際に知覚される味やそのメカニズムは同じわけではないんですね。ちなみに、辛みを抑えるのに役立つちょっとしたテクニックにもバリエーションがあり、とうがらしの場合にはレモンをかじる、わさびやからしなどの場合にはマヨネーズを口に含むのが有効なんだとか。

總的來說,辣味能呈現出不同的辣,是因為實際中嚐到的味道和味覺作用機制都不相同。另外,針對不同的辣,減輕辣味的同時又對身體比較有益的方法也各不相同,比如,咬一片檸檬就可以減輕辣椒的辣味,口中含一些蛋黃醬能有效抑制芥末的辛辣刺激。